top of page
検索
  • 執筆者の写真SWEET BITTER HARAJUKU

【BLUE】松山ケンイチ連敗ボクサーの存在感【連休中のオススメ映画】


世間は連休中でしたね。(スタジオは今日も営業しています!) そのことに気がついたマネージャーですが、ならば平日火ー金の週4日アップを掲げたブログの方もちょっと「増刊号」してみたいと思います。 休日といえば、家でのんびり映画でも観たいですよね。 そして、できればモチベーションをちょっとあげてみたい。 ▷とりあえずCREEDでもいい でも、エナジードリンク級に即アゲたいなら 「CREED シリーズ」がいいのかな。個人的には1とⅡが好きです。 新作のⅢが好きな人も多いので、この辺はお好みで。 ※CREEDシリーズは、名作「ロッキー」の中の最重要"敵役"の一人であり、ロッキーⅢではトレナーにもなってくれたアポロ・クリードの息子が、プロボクサーとなってさまざまな難題を乗り越えて、勝負に打ち克つストーリーです。 血糖値が急激にあがるので、爆発的に突き上げたい人はコチラおすすめです!! その後のダルさとリバウンドに気をつけてください。 ▷静かにしか変わっていかないボクサーの毎日と、松山ケンイチ。 で、今回の「BLUE」ですけど、 レビュー見ると マーシャルアーツ未経験者は低評価 経験者はおおむね好評だったかなという印象です。 映画なんて所詮趣味ですから「スキ or キライ」でいいんです。 でも、低評価な理由で並べられてる "なにも劇的なことがない" それこそが、経験者たちの好む描き方でもあるのかもしれません。 急に強くなるやつはいないし、 ずっと続けていても勝てるとは限らない。 むしろ松山ケンイチ扮する瓜田のように 負けを重ねていくベテランもいるわけです。 ▷うすい笑顔とシャドーボクシング ネタバレをしないように紹介しますが トレーナー兼プロ選手の松山ケンイチは、いろいろな後輩に絡まれます。 「基本、基本っていっても、俺の方が強いですよね」 プロテストで相手を倒したのに失格になった後輩に、基本を教えている松山ケンイチは絡まれますが、弱い笑顔でその言葉を受け入れるだけです。 試合後にも一緒に負けを喫した後輩に絡まれます。 負けてばかりということと、ずっと好きでいることが 松山ケンイチの笑顔と孤独な背中にいつも漂っています。 この映画は梅酒のような、覚めているホロ酔いをくれます。 誰かに何かを楽しませてもらうことより 自分自身が好きなものに今日も向かい続ける人 そんな人にオススメの映画です。 それでは皆さん、良い連休をお過ごしください。



閲覧数:16回0件のコメント

Comments


bottom of page