top of page
検索
  • 執筆者の写真SWEET BITTER HARAJUKU

【読者質問】試合ってどんなカンジ?【※出ません!ちょっと知りたいだけです!】


皆さん、おはようございます。 SWEET BITTERマネージャーです。 「試合ってどんな感じですか?」 あの、出ませんよ、出ないですけど、ちょっとした好奇心というか、、、 こんなカンジの質問が寄せられました。 先ず言えることは 「試合は出たい人が出ればいい」 そういうものです。 強制的に出るようなものではないです。 それを前提にして、ザクッと試合事情を説明しておきます。 今回はキックボクシングについて説明します。 ▷試合(大会)の種類 ザクッと説明すると ①プロリーグ ②プロリーグ傘下のアマチュアリーグ

③各ジム主催のアマチュア大会 以上の試合がある。 こんなカンジです。 で、ルール的にはどうかというと ①直接打撃制・防具なし(グローブ、マウスピース、ファウルカップ着用) ②直接打撃制・防具あり(ヘッドギア、レッグプロテクター、胴プロテクター有・または無し) ③ジムにもより②と同等、もしくは完全にノンコンタクト ▷試合選びのポイント ポイントは「格闘技で何を目指すのか」という 自分の人生の中での意味づけによって、 出場したいかどうかを検討すれば良いのかなと思います。 SWEET BITTER STUDIOを主催する MUGEN MARTIAL ARTSでは "アマチュア至上主義"に立っています。 「アマチュアのためのジム」として、立ち位置を定めています。 アマチュアにとって何が一番大切か。 それは「安全」です。 なので、うちが主催するイベント「RINGΦFIGHT」は 完全にノンコンタクトルールです。 キッズから70代まで ボクシングやキッックボクシング形式の ノンコンタクトルールを採用して 脳や身体各部、 そして精神的な危険を取り除いています。 ▷それでも当ててみたい、プロを目指したい そうした場合には K-1やRISEといったメジャーな団体のアマチュア大会にエントリーをすることができます。 現在うちには2名ほど直接打撃制のアマチュアリーグに参加しているメンバーがいます。 一人はインストラクターである佐藤翔太先生、もう一人は中学生の子ですが、いずれも全日本チャンピオン経歴を持っています。 K-1やRISEといったメジャーな大会、新空手というジャンルの系列大会、ムエタイの大会などでも、アマチュア部門で優勝などを重ねています。 "当てさせず当てる" うちのメンバーは、プロボクサーの指導を長年受けて、高度なディフェンステクニックを持ってますので、この前提を強化していつも試合に出場してもらっています。 "打ち合い上等"でのアマチュアの試合出場は、個人的には反対です。 目や脳が危険です。 それこそ、専門家としてのプロが命をかけてやるものだと思っています。 ▷試合に出る意味 とはいえ、試合に出ることは良いことだと思います。 人生の中でそんな経験をするなんてなかなかないことです。 "人生の経験"としても価値があると思います。 あとは 練習で磨いてきた"好きな技を決める楽しさ"というのもあると思います。 勝っても負けても大いに技を出して楽しむ。 マネージャー的には、そこが一番楽しいかなと。 コンタクトがあるにせよ ノンコタクトにせよ "勝負に挑む"というストーリーがあるのもいいものです。 勝者だけが美しいのではありません。 敗北したとしても"グットルーザー"になり得ます。 そんな独特の世界観を、もし勇気が持てたときには、思い切って味わってもらうのもいいのではないかなと思います。 それでは、明日はうちのスタジオでノンコンタクトの「RINGΦFIGHT04」ですね。 参加される皆さんのご健闘を楽しみにしています!

閲覧数:40回0件のコメント

Comentários


bottom of page