top of page
検索
  • 執筆者の写真SWEET BITTER HARAJUKU

【ジム選びのポイント】夏こそオススメ!SWEET BITTERは欧州スタイル!!


こんにちは。 SWEET BITTER STUDIOマネージャーです。 いや〜、昨日のボクシング井上尚弥選手の試合、すごかったですね! 昨日はスタジオに来てくれた会員さんたちと、みんなでストリーミング配信を見て応援していました。本当にすごいスーパースターですね。。 ①夏がオススメの理由 さて、本日のお題ですが。 「夏こそオススメ、ジム通い」です。 まず、ボクシングジムにしても、キックジムにしても、空手や柔術、MMAにしても、夏こそやったほうがいいです! なぜかというと、 "習慣化"しやすい季節の一つかなと思うんです。 いや、暑いですよ。 クーラー効いた部屋から、どこかに移動するの面倒くさいですよ。 でも、ジムはクーラーしっかり効いてるんです。 そして夏は、バカンスなどで旅行に出ていいるレギュラー会員さんが少なくありません。 ビギナーで始める人も、ちょっと余裕をもって通いやすいんです。 トレーナーにも質問もしやすかったり、指導にも十分に時間を割いてもらえるチャンスが広がります。 あと、気分的に安定しやすいです。大人の場合は。 春は新しい生活スタートで慌ただしいし、秋や年末はもの悲しくなったりするシーズン。 真夏と真冬は、マネージャー的には物事を新しく始めるベストシーズンです!! ②どんなジムを選ぶか まず、打撃が好きか、組み技が好きかで分かれると思います。 で、うちは打撃のジムですから、ボクシング、キックボクシング、空手ということで、3種類の打撃系マーシャルアーツに触れることができます。 うちは国内でも珍しいヨーロッパスタイルです。 同じジムで、いろいろな打撃系マーシャルアーツを楽しむことができる。 国内でも、キック+柔術+MMAとかはありますよね。 アメリカだと、ボクシング+ムエタイ+柔術+(レスリング)+MMAとかってカンジかなと。 SWEET BITTER STUDIOはそういった意味では、ヨーロッパ型に近いですね。 打撃のいろいろなマーシャルアーツ、空手のいろいろなスタイルに触れて、見識を深めて、楽しむという。アカデミックな楽しみ方をするかなという印象です。 実際、ヨーロッパ出身の人が会員さんの中にも多いです。 その中に「道」、フィロソフィがあるかどうかは、男女問わず重視するかなという印象です。 言葉はアレですが、チャラチャラした感じじゃない、きちんと人間性を高めるという筋が通っておいての、リラックスした楽しさを追求する「文化を学ぶ」姿勢を、ヨーロッパの人は尊ぶ傾向にあります。 ③フィットネス重視か、学び重視か その上で、ご自身の嗜好を考えてみてもらえると良いと思います。 A.フィットネス目的 美容とストレス解消ができればいい。 B.学び系趣味 運動しつつ、ある程度続く趣味として学びたい。 C.アマ選手やプロを目指す本格派 プロやアマ選手として、大きな大会などで勝っていきたい。 SWEET BITTERは「B」タイプです。 良き運動になりつつも、テクニックを身につけていって楽しみたいなと。 そういう趣味としての楽しさを深めていってもらうタイプです。 「A」は、いっぱいミットやサンドバッグをパンチしたり蹴ったり、鏡に向かってのエクササイズが特徴。"脂肪燃焼"というキャッチがけっこう多いかもです。 (これも楽しいと思います!) 「C」は、そこにプロの選手がいるかどうか、あるいはSNSやインフォメーションに大会スケジュールが頻繁に出てきているジムさんですね。 (目標を持ってモチベーション高まると思います!) この辺りは、ホント個人の「お好み」で探すのが良いと思います! でも、何度も言いますが「夏はオススメ」です。 興味のある方は、是非どこかのジムにトライアル行ってみてくださいね!! うちに興味を持ってくださった方は、どうぞ宜しくお願い致します🙇 お申し込み、お待ちしております!

閲覧数:47回0件のコメント

Yorumlar


bottom of page